介護用入浴椅子・シャワーチェア選びのポイント

介護用入浴椅子・シャワーチェアは、メーカーによって呼び方がさまざまです。
シャワーベンチやシャワー椅子などと呼ばれていますね。
どれも入浴に使用する椅子の事です。

濡れた浴室でも滑りにくく、座面の高さも使う方に合わせて調節できます。
座った姿勢を安定させる為、背もたれ付きやひじ掛け付きのタイプもあります。
使う方に合わせてお選びください。

getimage

シャワーチェアはこんな方におすすめ

  • 洗い場に腰を下ろして座るのがつらい
  • 洗い場に腰を下ろせなくなった
  • 低い入浴用椅子では立ち座りがつらい

低い位置からの立ち座りは足腰の負担になります。
座面の高さを調節できるシャワーチェアは使う方が立ち座りしやすい高さに調節できます。

他には、こんな方にもオススメです。

  • 廃用性の筋力低下
  • 変形性膝関節症やリウマチ
  • 下半身麻痺、骨折などで立ち上がりが困難なかた
  • ふらつきがあり、転倒しやすい方
  • パーキンソン病でつまずきやすく、方向転換が困難なかた。
  • 心臓疾患や高血圧で温度変化による心臓・血管系へ負担がある方

立ち座りの姿勢が安定すると、転倒防止や、介助者の負担の軽減にもなりますね。
要支援・要介護1の方から、介護は必要ではないけど、足腰が弱ってきたシニアの方まで、介護予防や転倒防止のためにも、早い段階からの導入が望ましいですね。

シャワーチェア選びのポイント

○座面の高さ

座面の高いシャワーベンチ

座面が低すぎたり、高すぎたりすると、
座った姿勢が安定しなかったり、立ち上がりにくかったりします。

シャワーベンチMini_S

快適空間スクリオ:シャワーベンチ Mini 背もたれなし

座面の高さの基本は、ひざ下の長さ。
足が床に付き、立ち上がりもしやすい高さです。
シャワーチェアは座面の高さを調節できるので、使う方に合わせて調節してください。

○座りごこち

座面の大きさが、座った時に姿勢を保ちやすい面積があるか確認します。
ですが、大きすぎると洗い場が狭くなるので、洗い場のサイズも合わせてお選びください。
座っている時間が長い場合には、座面がソフトなタイプがおすすめ。
長時間座っていてもお尻が痛くなりにくいです。

○座った姿勢が安定する方には

座った姿勢が安定する方には、ひじ掛け無しのタイプがオススメ。

https://www.scrio.co.jp/store/images/item_images/03-211/3-211_i.jpg

快適空間スクリオ:やわらかシャワーチェア 背もたれなし

背もたれがなくても姿勢が安定する方には、背もたれ無し。

https://www.scrio.co.jp/store/images/item_images/03-601/3-601_i.jpg

背もたれがないと不安な方や、背もたれがあれば姿勢が安定する方には、背もたれ付き。

○座った姿勢が不安定な方には

背もたれとひじ掛けがついたタイプがオススメ。

https://www.scrio.co.jp/store/images/item_images/03-500-1/3-500-1_i.jpg

座った姿勢を安定させるのに必要なのがひじ掛けです。
中腰姿勢が取り辛かったり、身体にふらつきのある方には必要不可欠!
ですが、ひじ掛けは浴槽に移動するときにじゃまになってしまいます。
ひじ掛けはねあげ式だと、浴槽への移動も楽に行うことができますよ。

まとめ

立ち座りしやすく、転倒防止にもなるシャワーチェア。
座位姿勢と動作のしやすさは選ぶポイントで特に重要です。
介護が必要な方だけでなく、足腰の弱ってきた高齢者・シニアの方も、
安全に入浴するためにもシャワーチェアの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護用品の通販・販売 快適空間スクリオ 介護用品を探す