檜風呂(ひのきぶろ)

今年は猛暑って言われてましたけど、むしろ涼しい感じです。また長期予報が外れましたね。先日、某メーカーの営業マンに聞いたんですけど、エアコンがあんまり売れてないそうです。

でもやはり大阪の夏は暑くてたまりません。暑さで疲れるのはいつもの夏とかわりません。
僕にとって夏の納涼といえば、京都は鴨川の納涼床で宴席がもってこいなんです。けど、貧乏人には納涼床は高くてそうそう行ってられませんね。

自宅で、ゆったりと言えば木の風呂もそうだと思います。
風呂と言えば「ひのき風呂」というイメージがあるかと思いますが、本当に良い風呂とは「檜(ひのき)風呂」ではないんです。昔むかし、お風呂といえば「槇(まき)の木」の風呂が主流で、檜風呂は、槇より下のグレードだったんですね。その理由といえば、水に強くて腐りにくいのは槇の風呂だからです。

檜風呂・木製浴槽の販売店
板張りの浴室に木製の風呂桶を置いて、木の香りがする風呂に浸かって仕事の疲れを癒してみませんか? 檜風呂にすると京都まで行かなくとも、落ち着いて、心地良い時間を過ごせます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護用品の通販・販売 快適空間スクリオ 介護用品を探す